デパス

MENU

デパスの代わりとなるおすすめ3選をご紹介します!

デパスは以前、個人でも購入できた抗不安薬、心の安定薬として非常に有名でした。
しかし、国の指定で抗不安薬のデパスは個人でのデパス購入を禁止にしたのです。

では、一体何故デパスを個人での購入を禁止したのか理由をみてみましょう。

デパスが個人で購入禁止の理由

デパスの代わりとなるオススメは?副作用と依存性は?
デパスやエチラームといった薬に含まれるエチゾラムは、働きが向精神薬に似ていることから、以前から向精神薬指定すべきとの声がありました。成分が特殊なこと、海外では個人輸入なども少なく国際的に問題になっていなかったことなどから指定が見送られていましたが、ついに向精神薬に指定されました
麻薬及び向精神薬取締法によって、向精神薬でも個人輸入できなくなったのです。
このような指定が行われることとなった理由は、その強い効果と即効性から、依存しやすい傾向があり、取り扱いが危険な薬であることが大きな要因です。

デパスの代わりとなるオススメは?副作用と依存性は?
デパスエチラームも、強い抗不安作用があり即効性が強かったので、非常に人気で個人輸入する人も多くいました。また、うつだけでなく、頭痛や肩こりなど万能薬のように多用、乱用する人もいるなど、依存してしまうような危険な使用をするひとも多く薬物依存の入り口となってしまっていたなったため、いよいよの規制、取り締まりとなったのです。
この禁止は個人輸入や通販の規制で会って、本当にこの薬が必要な人は医師に処方されることで必要な薬を飲み続けることことができます。

デパスの副作用は?

デパスの代わりとなるオススメは?副作用と依存性は?
デパスは抗不安薬心の安定薬です。不安や緊張感をやわらげ、気持ちを落ち着かせてくれるお薬です。神経症やうつ病など精神的な不具合にはもちろん、心身症のような自室神経の乱れから体の不調があらわれる病気にも使われます。さらに、筋肉をほぐす作用があるので、心身のリラックスに有効ですし、緊張型頭痛や頸椎症、腰痛症、肩こり、けいれん性の病気などに応用されることも多いです。

デパスは強い抗不安効果を期待できる頼れる薬ですが、色んな種類の副作用があるのも特徴です。軽度のモノだとふらつき、めまい、頭痛などですが重度のモノは言語障害などが起こり得ます。
デパスの代わりとなるオススメは?副作用と依存性は?
ほかにも白血球の増加、嚥下困難、動悸、発熱なども起こる可能性があります。これらの副作用の中で最も怖い副作用が依存性です。
今回デパスに規制がかかった理由もこれが大きな要因です。デパスは医師の指示を守らずに長期・大量に飲み続けると、身体が薬に慣れて効果を感じにくくなったり、服用を止めると症状がリバウンドしたり不眠が再発するだけでなく、幻覚、妄想、痙攣などが起きることもあるのです。薬が効きにくい身体になってしまうだけでなく、この薬なしにはいられなくなってしまう危険が高まるのです。医師の指示通り用量用法を守っていればこれらの危険はさほど高くありません。

デパスの依存性は?

デパスの代わりとなるオススメは?副作用と依存性は?
一番問題となる副作用は依存性だと言えます。医師の指示に従わず、自分の判断でデパスを長期にわたりしかも大量に飲み続けてしまうとデパスに頼り切ってしまい、手放せず、服薬を止められない状態になってしまうのです。
効果が強いと、つい薬に頼ってしまいやすく、そのまま依存しやすくなります。デパスには耐性もあるため長く飲んでいるとそれまでの薬の量では効かなくなり、どんどん服薬量が増えデパスなしではいられない常に薬を求めてしまうという危険があるのです。
デパスの代わりとなるオススメは?副作用と依存性は?
もちろん、医師の指示通りに内服すれば副作用や依存に陥る危険は低いものです。必ず医師の指示通りに服用することが大切です。服薬する期間が長期化しないように、また服薬量を適宜見直し、薬に頼り切らないように意識して、に気を付けて使っていく必要があります。

また、アルコールとデパスを一緒に飲むなど医師の指示に背く摂取方法はとても危険です。アルコールと抗不安薬を一緒に使うと、耐性・依存性を急速に招く原因ともされています。


デパスの代替におすすめ3選


バスピン
デパスの代わりとなるオススメは?副作用と依存性は?

バスピンの特徴

バスピンは解熱鎮痛剤バファリンの製造元で知られるBMS社が製造する非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬バスパーのジェネリック薬品です。不安症状やうつ病などの心的な病状を緩和させる抗不安剤です。断続的に理由のない不安感を感じたり、過剰な不安や心配、焦り、緊張などうまくコントロールできなくなる全般性不安障害の改善に効果をあらわすとされています。日本ではまだ認可がおりていませんが、世界的に愛用者の多い薬で、依存しにくいことが魅力です。バスピンは気分を明るくする神経伝達物質の作用を増強することによっても不安や心配を軽減させると考えられる他、不眠症の人にも効果が期待されます。

バスピンの値段

10rを100錠、5rを200錠で値段は5,000円から6000円程度

バスピンの副作用

めまい、強い眠気、倦怠感、頭痛、神経過敏、口の渇き、腹痛、下痢など。副作用が少なく安全性が高いと言う特徴があります

バスピンの依存性

効果がゆっくりで依存性がでないこと特徴です。依存性やアルコールとの相互作用も見られないため、に地上生活の中で服用しやすいという特徴があります。
デパスの代わりとなるオススメは?副作用と依存性は?

バスピンのメリット

効果がゆっくりで副作用も少ないので安心して飲めること。他の抗不安薬に比べるとジェネリックなので一粒の単価も安く、コストパフォーマンスが高いこと。

バスピンのデメリット

効果が緩やかなので、症状が重い人には物足りなく感じられること。効果を実感するまで時間がかかること。個人輸入でしか飲むことができず、病院では処方されないこと。体調や体質で眠気やめまい、下痢などの副作用を強く感じる人、薬の苦みが苦手という人もいる。併用禁忌薬があるので他の薬を飲んで着る場合は医師に確認が必要であること。

バスピンを体験した人の口コミ

ストレスなどで不眠や心臓の脈が激しく、とても苦しくほかのことが手につかなく、通院していましたがイマイチ症状の改善がなく、この薬を医師にも相談して併用していました。症状が穏やかになり、私は体に合ったようで、不眠だったのですが毎日とはいきませんがかなりぐっすり眠れるようになり、動悸も感じなく、何も手につかないということが無くなりました。価格もジェネリックのためか、低価格なのがありがたいです。もう薬を飲む量をかなり減らしています。他の薬の時は止めるのに時間がかかったものもありますが、このバスピンは依存症状もなくこのままスムーズに服薬を止めることができそうです。

不眠のために購入しました。苦みが気になるという口コミが不安でしたが、気にならない程度でした。強い睡魔などは感じませんが、以前より眠りやすく、しかも途中で起きてしまうことが無くなって、しっかり眠れるようになり安心感がある薬です。自分の場合、眠気を感じるまで時間がかかるので飲むタイミングにだけは気を配っていますが、知名度が低いわりに効果もあり、副作用もなく良い薬だと思います

https://yakuten-ichiba.com/



ジェイゾロフト
デパスの代わりとなるオススメは?副作用と依存性は?

ジェイゾロフトの特徴

ジェイゾロフトはファイザー社が開発した抗うつ剤で、うつ病やパニック障害・不安障害・ストレス障害に効果があります。SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれるタイプの抗うつ剤で、脳内のセロトニンの濃度を上げることで抗うつ効果を発揮しますジェイゾロフトは、穏やかに効き、副作用も軽い抗うつ剤です。気持ちが前向きになるのを助け不安や緊張した気分をほぐして、気持ちを楽にします。うつ病のほか、パニック障害、外傷後ストレス障害(PTSD)などにも応用されます。従来の抗うつ剤は、口の乾き・眠気などの副作用が多く、服用するタイミングが難しかったのですが、ジェイゾロフトは副作用が軽減され飲みやすく、安心して使用できます。現在世界でも愛用者が多い、安心安全な薬として知られています。

ジェイゾロフトの値段

50r90錠で7500円から9000円、100r90錠で11000円から14000円程度

ジェイゾロフトの副作用

軽度の吐き気・性欲減退・食欲不振・便秘・下痢・むねやけ・めまい・眠気・不眠

ジェイゾロフトの依存性

ジェイゾロフトは依存しにくいことが特徴の薬ですが、2年3年という長期で服用を続けると依存性が発症しやすくなります。長期間に渡って服用を続けると、薬の成分が毎日体に入ってくるということで体が慣れてしまい、突然ジェイゾロフトの服薬を止めると体に不調をきたし、めまいなどの症状が出てしまう事もあります。短期的に症状が改善すれば問題ないのですが、長期になった場合に薬を止めるために減薬するときも慎重に行うことが必要です。
デパスの代わりとなるオススメは?副作用と依存性は?

ジェイゾロフトのメリット

ジェイゾロフトは効果と副作用それぞれが程よいことがメリットです。ジェイゾロフトよりも効果が高い薬もありますが、その分副作用も多く危険性も高いです。ジェイゾロフトは、副作用が少ないので心配なく治療に薬を使えます。また、ジェイゾロフトは、作用時間が非常に長いため、一日1回の服用で済むことも魅力です。またジェイゾロフトは、離脱症状が比較的少ないので、薬をやめてるときが比較的楽です。最後に、ジェネリック医薬品が発売されていることです。2015年12月、ジェネリックのセルトラリン錠が発売となりました。安価にジェイゾロフトに近い効果を得られます。

ジェイゾロフトのデメリット

ジェイゾロフトは有効量が個人差があります。しかも日本では欧米よりも使える量が少ないことです。欧米の半分の量しか日本では使用できません。これは日本人の臨床試験で、100mgまでしか有効性に差を示せなかったためです。良く効くと感じるまでに二週間ほどかかることがあるので用量は慎重に考える必要があります。ジェイゾロフトでは上限まで使っても量が不十分となる人もいます。また、少ないながらも副作用としては、胃腸障害と性機能障害などが多く報告されています。また飲み始めに、吐き気や下痢などが認められますが身体が慣れていくことで落ち着いていきます

ジェイゾロフトを体験した人の口コミ

何か人前で話すことがあると緊張して手汗も顔にも汗が出てきて、上手く話せず、ドモりがちでした。就職活動にこのままではマズイと思いいろいろ調べてジェイゾロフトが一番良さそうなので試しました。面接のトレーニングも重ね、薬も飲んだことから、以前に比べたらかなり改善していると思えます。成功体験が、さらに安心感を生むようになりました。就職活動以外の普段の生活でも落ち込みやすかったのが前向きになり毎日が薬を飲む前より快適に感じます。ただ飲み始めに吐き気が多少ありました。もちろん、すぐになれたのか吐き気はなくなりました。睡眠も深くよく眠れるようになり、とても効果があったので満足しています。

仕事でミスがあり、落ち込むことが続いていました。うつ病と診断されたわけではなく、そもそも病院にも行っていませんが、何か頼るものがほしくて検索していてこの薬を試しました。飲み始めて、しっかり眠れるようになったこともあり、落ち込みがさほどでもなくなり、効いていると実感しています。まだ飲み始めてひと月ほどなので、このままきちんと適量を飲んで一気に心身ともに元気になりたいと思います。

https://yakuten-ichiba.com/



ルネスタ
デパスの代わりとなるオススメは?副作用と依存性は?

ルネスタの特徴

ルネスタは2012年にアモバンを改良し、発売された比較的新しい睡眠薬です。ルネスタは、脳の活動を抑えることで睡眠をもたらす非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬になります。従来のベンゾジアゼピンと比較すると、副作用が少なく使いやすいことが魅力です。急に効いてきてスっと眠る感覚の作用です。ルネスタは、それまでのアモバンの早く効く睡眠効果は活かし、苦味などの副作用を改良した後継薬で、寝つきが悪い入眠障害や途中で何度も目が覚めてしまう中途覚醒に効果が高いです。ルネスタの効果は約5〜6時間なので、朝までに効果はなくなり翌朝に眠気が残ることもないです。夜に熟睡できる習慣をつけることで、睡眠リズムが整えられます。高価の時間から逆算して飲むこともでき、飲みやすい睡眠薬といえます。

ルネスタの値段

2r50錠で5000円程度、2r100錠で7000円から9000円程度です。

ルネスタの副作用

頭痛、不快感、めまい、口の渇きそして、苦味の副作用があります。アモバンよりは軽減されたとはいえ、翌朝にも苦味がある副作用もあります。また、急に作用するタイプの睡眠薬ですので、飲むタイミングには注意が必要です。それに、中途半端な覚醒状態での健忘の副作用も報告されています。

ルネスタの依存性

依存性が少ないことも特徴のこのルネスタです。どんな睡眠薬、抗不安剤でもいえることですが、長期的な服用や多量な服用をすれば耐性・依存性の発生のリスクが高まります。長期的な服用は避けるつもりで、計画的に利用ましょう。またアルコールとの併用は耐性・依存性を高めるため危険です。絶対にやめましょう。
デパスの代わりとなるオススメは?副作用と依存性は?

ルネスタのメリット

即効性がある睡眠薬です。特に眠りにつけない入眠障害に有効とされています。さらに途中で目覚めてしまう中途覚醒にも効果的です。また睡眠薬を飲むと翌朝に残って眠気やふらつきがあるものもありますが、このルネスタはそういった副作用が少ないこともメリットです。早く眠りにつけ、しかも睡眠が深くとりやすいことから睡眠の質を高め、自然と睡眠のリズムを整えることになるので、薬に頼らずに眠れるようにリズムを整えていくことがしやすい薬です。さらに、睡眠薬ですが比較的依存性が少ないこともこの薬のメリットです。また、薬を飲みはじめた日から即効性、効果がすぐに期待できます。ルネスタは、睡眠だけに作用するように作られ、筋弛緩作用や抗不安作用はわずかです。転倒などの危険が怖い高齢者の方にも利用しやすい睡眠薬です。

ルネスタのデメリット

効果は即効性は高いものの、睡眠薬としてはあまり強いものではないです。そのため、重度の不眠のような症状を改善するには役不足の場合もあります。また、デメリットとして大きいのが副作用の苦味です。改良前のアモバンよりはかなり軽減されているものの、薬を飲んだ瞬間だけでなく寝て起きた翌朝にも苦味が続いてしまうという副作用は大きなデメリットです。また、急激に作用する睡眠薬ですので、中途半端な覚醒状態で健忘といった副作用も報告されています。

ルネスタを体験した人の口コミ

寝つきが悪く、睡眠不足から体調も悪くなり本当に悩んでいました。ストレスも増えて困っていた時に病院でルネスタを処方してもらいました。他の口コミに苦み等の副作用があるとのことでしたが、私の場合は気にならずに、飲み始めてすぐにスムーズな睡眠もとれるようになりました。朝までしっかり眠れることができて、体調も良くなり、心身ともに健康になってきました。本当に嬉しいです。
苦み、感じました。まだ許容範囲内ですがそこそこ苦いです。しかし、他の副作用はなく、自然に眠ることができることがから短期的にですが頼れる薬として飲んでいます。即効性が魅力の薬ですが、そんなにガクッと眠くることもなく、自分にとっては比較的自然な眠りでした


https://yakuten-ichiba.com/




デパスの代わりとなるオススメは?副作用と依存性は?